出産を控え、娘と二人で遠出するのもなんだか怖く、最近は家に籠もりがち。そして家にいると娘のごっこ遊びのお付き合いばかり…これが私には魔の時間であります(笑)

そこで閃いた!!粘土をさせよう!!以前やらせた時、結構夢中になっていたのを思い出したのです♪

前回は私が粘土を作り上げてから娘に渡しましたが、今回は作るところから一緒にやらせてみました。もちろん、私には時間稼ぎのためですが…笑、娘はとても楽しそうでした(^^)

作り方

  1. お好みの量の小麦をボールに入れる
  2. 水を少しいれる
  3. 混ぜる(こねる)
  4. 2〜3を繰り返して手が綺麗になりくっつかなくなったら完成
  5. 水を入れすぎたら粉を足せば大丈夫♪

ちょいメモ

  • ネット調べですが、,涼奮で防腐剤として塩を入れておくと冷蔵保存で1週間ほど使用できるそうです。
  • 前回作成時は気が済むだけ塩を入れて(私はこの辺雑です…笑)1週間ほど使用してみましたが何も問題なかったです♪
  • ,婆を少し入れておくと若干手触りがよくなる気がします…今回は無しでやってみましたが無くても良かったです。
  • 食用色素(食紅)を作成時の水に混ぜたり、粉に混ぜたり、完成した粘土に混ぜたりすれば様々な色を付けられますよ♪
  • 乾燥してきたら、手を水に濡らして再度捏ねれば復活。

娘にやらせたこと

作り方の^奮阿呂垢戮2歳の娘にやらせました。

最初は手が粉と水でベチョベチョになり不快そうでしたが、だんだんと塊になっていく様子には興味津々といった感じでした。

作成時の様子

小麦に水を少し入れて混ぜさせたところ

水、混ぜるを繰り返していくと…

少し塊になってきました

力のない2歳児が適当にこねた(ほぼ混ぜ固めたような感じ)だけですがだいぶ粘土っぽくなりました

仕上げの捏ねは大人がやって完成。

手につかない滑らかな粘土の完成です♪

今回は賞味期限切れの強力粉で作成。粘土板は雑誌にラップを巻いて代用しています。

今回は遊びがてら完成した粘土に食紅をパラリ(笑)

遊んでいる間にマーブルj状になり、最終的にはピンクになりました。もっと入れれば赤になりますね。

ハサミで切ってもハサミには付きませんでした♪

小麦粘土まとめ

雨の日の遊びにもってこい。さらに賞味期限切れの小麦があれば躊躇なく捨てることができていい感じ(笑)余裕があれば色を増やしてあげると楽しそう♪

コンビニで貰うような簡易ナイフはかなり活躍。これで粘土をうまく切れるようになった娘は、外食先のパンケーキをナイフで上手に切っていました。間違いなく粘土ナイフの練習効果です。

こども用の切れない包丁を買う前にこういうので練習させるのもいいなぁと思いました。ちょっとギザギザしていて当たると痛いので「手(指)に当たらないようにする」ことも覚えられそう?…

2歳の娘は、思い通りの形にするにはまだまだといった感じ。それでも何かに見立ててはいるので想像力はかなり働いていそう

形を作るのは難しいようですが、粘土に石ころやどんぐりなんかを包むのは出来ていました。自分で粘土に隠しては出しを楽しそうに繰り返していました。その延長で、私が粘土に隠して「どの塊にあるでしょう?」っていうクイズなんかも喜んでくれました。

粘土遊びは幼児に様々な効果が期待できるそうですよ♪賞味期限切れの小麦がある方!捨てる前に粘土にしてみませんか〜?(笑)

スポンサーリンク