2人目がそろそろ産まれるので上の子に新しくチャイルドシートを購入しました。

まだ2歳で昼寝をすることも多いので、ある程度眠った頭を支えてくれそうなものの中で検討しました。

購入したのはAILEBEBEのSwing Moon Premium S

AILEBEBE(エールベベ)は1966年に設立された「カーメイト」という会社から、1999年に誕生したチャイルドシートブランドで日本製です。

別に外国製だから悪いとかはないんですけどね。でもMADE IN JAPAN ってだけでちょっと安心感が増してしまいます。これも立派な偏見ですかね(^^;)

エールベベのSwing Moon(スイングムーン)って?

スイングムーンには3種類あります(2017/11/07時点)。

  • Swing Moon(スイングムーン)
  • Swing Moon Premium(スイングムーンプレミアム)
  • Swing Moon Premium S(スイングムーンプレミアムS)

どの製品もシートのサイズは同じです。H710mm × W500mm × D550mm(リクライニング1段目でヘッドレストを最も下げた状態)。

スイングムーン3種の基本設定。

  • スイングムーン3種類は、1歳〜7歳を対象としたチャイルドシート。
  • 大きな特徴は、子供を座らせたままリクライニングが可能ということ。その角度は三段階あり、操作も片手で簡単。
  • リクライニング角度はかなり大きく、車で子供を寝かせたい親にはもってこいの商品。
  • 他社製品と比べると座席の幅は広めでゆったり。

スイングムーン3種の検討すべき大きな違い

ちょっとずつ仕様がが違うようですが、私が検討した限りの大きな違いを簡単に書いてみます。

  • 基本は一番低グレードの「Swing Moon(スイングムーン)」。
  • 基本のスイングムーンの腰部分と頭部分にクッションが付いたものが「Swing Moon Premium(スイングムーンプレミアム)。
  • プレミアムからさらにシートが洗濯可能になったのが「Swing Moon Premium S(スイングムーンプレミアムS)」。

ざっと、こんな感じです。それぞれの商品で選べるカラーや布の質感は違うようですがそこは個人の好みなので、比較する特徴といえばこれぐらいでしょうか…?

カラーで選びたい方は公式サイトをみるのが早いです。この記事の最後の方にもリンクを貼ってあります。

我が家はなぜスイングムーンにしたのか?

それはズバリ、車でガッツリお昼寝してほしいから。リクライニングがある方が絶対寝心地が良さそうだし、てくれる時間も長くなりそうだからです。

プレミアムではなくプレミアムSにしたのは、今後少なくとも7年は使用予定だから。シートが洗えるに超したことはないじゃない?という単純な理由です。だって、間違いなく汚すでしょ?何もこぼさなくても、何年も使えばおそらく汚れる。

他社製品に比べるとお値段は高いですが、7年使うと思えば…と考え財布の紐をなんとか緩めました。

実際に使用してこどもの様子はどうか?

新生児から使用しているのチャイルドシートもリクライニング可能なのですが、リクライニングを大きくとるには後ろ向きにする必要があり、それだともう足元が座席にあたり窮屈。体も拘束されている感じで、寝心地が悪いのかエンジンを止めると起きちゃう感じになっていました。

それが、今回購入したスイングムーンプレミアムにしてからエンジンを止めても寝心地が良いのか起きなくなったのです(笑)車を走らせている時間も含めトータル1時間ぐらいはグースカ言いながら寝てくれます。もちろん、一日一回のお昼寝の時間帯と被ればですが。

子どもが車中で寝てくれるのは有り難い

我が家は片道一時間程度の外出をそこそこするので、子供が眠くなる時間を見計らって車を走らせる事が多いです。

この時に思惑通りしっかり眠ってくれると親は楽だし、家や目的地に到着してからの子供のご機嫌も良いです。車中のグズグズに付き合うのは正直キツイ…

私は子供と二人の時は、読みたい本や子供の前では食べたくない甘〜いお菓子なんかを車に積んでおいて、昼寝時間を見計らって15分ほどの目的地まで車を走らせます♪

するとコテッと寝てくれるので後はこどもが起きるまでおやつしながら自分時間を満喫します(笑)これが至福の一時♪…って私の話はどうでもいいですね!

プレミアムにすべきかどうか?

最初の方に、スイングムーンとスイングムーンプレミアムの大きな違いは「腰・頭部分にクッションが有るか無いか」と書きましたが、ここが大きな検討ポイントです。

クッションはあった方が子どもは寝やすそう

クッションは見た目にはない方がスッキリして視界も広そうなので試しにクッションを外して寝かせてみました(低グレードのスイングムーン状態)。すると、あるのと無いのでは子供の寝姿勢が全然違いました

リクライニングを最大にしていても、シートそのものがゆったりしているので、車に揺られ子供の首が横にクネッとなった状態になると、見ている側としては少し苦しそう…それでも子供は寝続けますが(笑)

首が横にクネ〜っとのイメージ画像

ちなみに、リクライニングが大きいので「前に首がグネッ、カックン」というのはないです。

うちの娘は2歳半です。2歳半でも睡眠時にはクッションのホールドがあるといいと感じるので、1歳のお子様を乗せるならクッションは尚更あった方がいいと思います。

クッションがなくても(プレミアムでなくても)十分ではある。

「リクライニングさえできればいいのよ」って方はプレミアムにする必要はないと思います。リクライニングできない商品に比べたら断然寝心地は良さそうですし、首が傾くといっても、リクライニングが大きいので、先ほども書きましたが「前に首がグネッ、カックン」状態にはなりません。せいぜい横にクネ〜っとなるぐらいです。

なので、子供の姿勢が気にならない方はプレミアムにする必要はないと思います。

ただ、見ている側としてはやはり「クッションがある方が」小さい子供の姿勢は安定しているように感じますし、寝たときの頭や腰も支えられている感じがしてとてもいいですよ。

スイングムーンまとめ

  • 子供を車中でしっかり寝かせたいにはスイングムーンはとってもオススメ
  • プレミアム(腰・頭部分のクッションあり)だと小さい子供の体はかなり支えられ、寝姿勢も楽そう。
  • プレミアムに格上げするかは、クッション有り無しで検討して、さらに洗濯したければプレミアムSに。
  • 寝姿勢や着席時の体の支え(特に1歳から使用する子)に拘らなければ3種からカラーで選べばよいかと思う。

欠点をあげるなら…

購入時に迷ったのは対象年齢が7歳までということ。他社製品だと最後はブースタータイプにまで出来て11歳ぐらいまで使用可能なものが多かったからです。

法律ではチャイルドシートの義務は6歳までですが、身長が低い場合などは車のシートベルトがうまく機能しないこともあるそうです。そのため、安全を確保するためには体格が車搭載のシートベルトに合うまでチャイルドシートを使用した方がいいそうです。

ちなみに、車のシートベルトは一般的には身長140儖幣紊鯡椣に作られているそうです。140僂6歳でクリアって難しそうですよね。

そうなると「コストを考えて長く使えるものを…」と考えもしたのですが、ブースタータイプだけを後に購入するとしても数千円なので、必要な時に安いブースタータイプに買い換えればいいかという結論に達しました。その頃には大きくなり眠たいときは自分でなんとかしてくれるでしょうし(笑)

というわけで、

簡単にまとめるとこんな感じです。ショップの方の話では、値段は高いが結構な人気商品だそうで一時期は入荷待ちだったとか…。

高いなぁと最初は買うのを渋っていましたが、娘の快適そうな様子を見ていると、奮発した後悔は今のところありません。

寝姿勢を支えてくれそうな他社タイプも検討はしましたが、やはり大きくリクライニングできる快適さにはかなわないでしょう…。

ちょいメモ

  • ドリンクホルダー無いです
  • ベルトは覚えれば、二歳半の娘が自分でできるくらい簡単です。一人でのぼって一人で装着してます。

選べるカラーや比較には公式サイトがオススメです。

カラー重視の方は公式サイトでどんなタイプがあるのか確認するのかが一番わかりやすいです。

さらなる口コミやレビューが知りたい方は此方が多くてオススメです。

余談

最後まで迷っていた他社製品です。

エアグルーヴプラスは、エアグルーヴに腰サポートクッション(ランバークッション)が付いたもので、その分少しお値段が高くなります。

スポンサーリンク