家計を見直すためにもこの記事を書きたいと思いながらまったく手を付けず(^_^;)やっと気合いが入ったので、2年前の分になりますが2015年度の太陽光発電の収支を公開です。

2015年度の家族構成と生活状況

家族構成や生活態度で日中の電気使用量は変化すると思うので、その辺の事を書いておきます。

我が家はオール電化の3人家族。夫は仕事、私は専業主婦です。2015年度は娘が産まれた年度であります。可愛い可愛い初めての子供なので、とても気を遣って育てました(笑)夏は暑いんじゃないかと冷房をかけ、冬は寒いといけないと暖房をかけました。今現在、お腹に二人目はそこまで気を遣わないでしょうねぇ。

娘が0歳ということもあり、私と娘はほとんど一日中家の中にいました。エアコンも遠慮無く使用していました。ミルクで育てていたので電気ポット付けっぱなし、ほ乳瓶煮沸消毒のため頻回にIHを使用していたと思います。保温に電気代がかかると言われる炊飯器もつけっぱなし、空気清浄機も使用しています。節電への意識はゼロの年です。

ちなみにエアコンは家の中で1カ所、主に我が家で一番広い20畳弱の部屋での使用が殆どです。

2015年度の太陽光発電の収支

2015年度の売電(入金額)と使用量(電気会社への支払額)はこのような感じになっています。家計簿記入漏れのため2月分が抜けていますがご了承ください(^_^;)

  • メーカーはシャープ
  • 設置しているパネルは5kW
  • 売電価格は37円/kWh、余剰売電
  • 蓄電池はありません

※余剰売電=(太陽光発電した電気)-(自分の家で使った電気)。つまり、自宅で発電したものを自宅で使用し、使い切れなかった電気を買い取って貰える制度です。

※入金日は先月分の売電額が入金される日です。よって、入金額・使用量の対象月は、表示入金日月の一月前の分になります。つまり4月の入金日は、3月に発電した売電額(入金額)と3月の電気使用量(購入額)になります。

太陽光発電収支 オール電化 セキスイハイム

家計簿をそのままひっぱてきたのですが、3月の使用量がやけに大きいですね…もしかしたら記入ミスかもしれません(汗)

この表を改めて見ていると、発電力の高い夏場〜エアコンを使わない秋の間が稼ぎどきって感じですかね。7〜9月あたりはエアコンをガッツリ使っているはずですが、使用量(購入額)が増えていないので日中のエネルギーは太陽光で賄えているようです。

そして2015年度太陽光発電収支はこのようになりました

  • 売電合計金額:171,976円
  • 使用料合計金額:70,350円
  • 2015年度収支:+101,626円(=171,976円-70,350円)

なんと、節電意識ゼロで一年間で10万円弱の収入がありました。収入と言っても、太陽光発電の設置費用があるので、今は電気代を前払いしている状態です。設置費用が回収できてからが本当の収入になりますね〜。

このペースで太陽光設置費用の元はとれるのか?

太陽光発電の設置費用に確か150万ぐらいかかっています。うろ覚えで申し訳ないですが200万はしていないです。

仮に大きく見積もって200万で設置したとすると、我が家の場合は簡単に計算して20年かけて設置費用が回収できます。設置費用150万で計算すると15年で回収できます。う〜ん、長いですね。その間メンテナンス費用がかかることを考えると、儲けを目的に太陽光発電を自宅に設置するのはお勧め出来ませんね。不具合起こすかもしれませんし、いつまで電気を買い取ってもらえるかもわかりませんし…一生買い取りますって言い切って貰えればいいんですけどねぇ…。

やはり、電気の自給自足、災害時への備えと考えて購入を検討するのが良さそうです。

スポンサーリンク