最近無性に片付いていない部屋が嫌になってきて、図書館で娘の本を借りるついでに、収納やら片付けの本を借りては読んでいました。

しかしどれも、なるほどなぁと思いながら読んではいたもののピンとこず。そんな時、ふと目に留まった背表紙のタイトル「人生がときめく片づけの魔法」。数年前、テレビ番組で話題になっていたあの人の本だとすぐに分りました。

ときめくと言えば、こんまりさん。

私の中で「ときめく」といえば「近藤麻理恵​(こんまり)」さんただ一人です。それぐらいテレビで見た彼女の片付け法は印象に残っているのです。

それに、テレビを見てから実践している収納法「服をたたんで立てて直す」は面倒くさそうに思えて実際はとても良く、ズボラな私ですがそれだけはこんまりさんを知った数年前から現在も続けています。

でも、一度片付けたら「リバウンドしない」というのはなかなか信じられずにいたので、積極的に本を読んでみようとか、もっと調べてみようという気にはなっていませんでした。

そして部屋を片付けたくてたまらない衝動に駆られている今、こんまりさんの本に出会ってしまったのです。「縁」を感じずにはいられません。

それからはもう取り憑かれたように、時間が出来ればすぐ、手に本を取り読みました。

夫は「やけにハマってるやん」と不思議そう。内容を深く話すとこれから私がやりたいと目論んでいる「片付け祭り」を拒否されそうなのでそこは秘密に。

幸い夫はこんまりさんを知りませんでした。ラッキー。

 

収納は片づけではない。

片付け 収納 

どんどん読んでいくと、今まで色々なメディアで得てきた「収納と片付けの知識」はいったい何だったのか・・・という感じ。

一番印象に残っているのは、収納=片づけではないと言う事。これは、知れて良かったと本当に思う。今後、片づけをする際にかなり役立つと思う。

それに、「実践しても片付かない今までの経験」と、「いま現在散らからずに片付けられている場所」をこんまりさんの主張に照らし合わせると、どの主張もとても納得できる。

あ〜、家中ひっくり返して今すぐこんまり流で片付けたい!!でも娘がそんなことさせてくれるわけないし、夫も賛成しないだろう。

本当はリバウンドしないためには「短期に」行うのがベストみたいだけど、ここは仕方ないので方法・手順だけは忠実にコツコツいこう

面倒くさがりズボラな私(夫も)の家が今後どうなるのか、私だけの片付け祭りでなんとかなるのか・・・とても楽しみです。

ちょっと笑ったところ。

思わず声に出して笑ってしまったところは「トイレットペーパー」の話です(笑)あの可愛らしいこんまりさんが話してると思うととても面白かったです。

今どうされているのかと気になり、チラリとブログにお邪魔したら、お子様が産まれていました。おめでとうございます♪

思わずビックリしたのですが、自分もこんまりさんを初めて知ったときは独身、もちろん子もいないので、皆同じように時を経ているのだと改めて実感。

テレビの向こうの人って、最後に見た姿からなかなか歳を取らないですよね、自分の中では。私だけでしょうか・・・あの人もうあんな歳なんだ〜って!!自分もしっかり歳を取っているのに(笑)

こんな人にオススメの本。

少々話がそれましたが、片付かないことにモヤモヤしている方にオススメの本です。

私は読んだだけですが、少し先が明るくなったような、何か生活に変化が起きるようなそんな気がしてなりません。そして今すぐこんまり流片付けを実践したい気持ちでいっぱいです。

でもこの本を読んでひとつ残念に思った事があります。それは、娘を産む前にこの本に出会えなかったこと。あんなに自分の時間があったのに私は何をしていたのだろうと。

今現在、第一子を妊娠中の方に「家中を片付けるなら今がチャンスです!!」と声を大にして言いたい。

出産までに少し時間のある方、子どもが産まれる前に子どもの環境整備だけでなく、自分のモノもスッキリさせておくことをオススメします。育児中に掃除や片づけが思うようにできないストレスを少しでも減らすことができますよ!!

ということで、妊娠中の方にもおすすめの本であります。

我が家はどうなるか?

まずは実践あるのみ。これからこんまり流片付け開始。どれだけ時間がかかるか分りませんがやり遂げてみたいと思います。

短期に出来ない所が残念だけどやらないよりまし!!なはず。そして効果の程を記事に出来たらいいなぁなんて思っています。

さて、いつになるやら(^^ゞ

なぜ、こんまり流片づけに納得できたか。

最後になってしまいましたが、なぜ本を読んだだけでこんまり流片付け法に納得し、実践してみたいと思えたかを書いておきます。

それは、その片付け手順・方法がうまれた背景が書かれているから。

当たり前かも知れませんが、その背景を知ることが出来るのがこの本の面白さでもあるような気がします。そして、こんまりさんがいかに片付けと共に人生を歩んできたかを知れる本であります♪

こんな人にはオススメできないかも…

こんまりさんの人生は知らなくて良い、ただたんに「片付け法が知りたい!!」って方には少々読みにくい本かも知れません。こんまりさんの片付けへの情熱がたっぷり詰まった本なので。そこにお付き合い出来ない方にはオススメできない本かな。

あと、「絶対」という言葉が嫌いな人にはオススメ出来ません。「絶対」という言葉が多い気がします。

ただし、なかなか片づけができない人にはこの「絶対」という言葉が背中を押してくれるでしょう。絶対、絶対、と言われ続けるとなんだか出来そうな気がしてくるのです(笑)

ちなみに私は、こんまりさんに好意を持っているのですべて楽しく読ませて頂きました(*^^)v

本の内容は、小さい子どもがいる家庭には実践するのが難しそうです。こんまりさんにも子どもができたと言うことなので、「人生がときめく片づけの魔法 家族編」が出たら嬉しなぁと思います♪

著書は1冊だけじゃなかった。

1つだけリンクを貼るはずが、調べてみるとPart2やら、読みやすい漫画版、写真豊富なPart3的なものもあるみたいなので一緒に載せておきます。レビューによると、Part2には1を読んだ方の要望で多かった、洋服のたたみ方の図解や片づけ後の収納方法なんかが中心に載っているそうです。

 近藤麻理恵 著書一覧 (楽天)

→ 人生がときめく片づけの魔法クラシック (楽天)

※ どの本も電子書籍ありでした。

スポンサーリンク