ずっと作りたいなと思っていたプリン。

作ってみたら驚くほど簡単だったのでレシピの覚え書き。こんなに簡単なら、もう安いプリンは買わなくていいかもと思いました。

作ってみてわかったのですが、お手伝いポイントもたくさんあるのでこどもとのお菓子作りにも最適です。今回は2歳半の娘と作りましたが、色々出来ることがあって娘も楽しそうでした。

材料(かわいいプリン型4個分)

【プリン】

  • たまご…2個
  • 牛乳…210cc
  • 砂糖…40g(十分甘かったので幼児用に食べさせるならもう少し減らしてもいいかも)

【カラメルソース 作りたければ】

  • 砂糖…40g(これも30あれば十分かも)
  • 水…大さじ1〜2(適当でOK。入れすぎると時間がかかるだけ)
  • お湯…大さじ1〜お好みで

作り方

まずは、カラメルソース。

  1. 鍋に砂糖と水を入れる。
  2. 砂糖と水をなじませてから火にかける。
  3. 色が変わるまで触らずにじっと待つ。
  4. 好みの色になったら火を止める(色が濃くなるほど苦みが増す)。
  5. お湯を大さじ1~(お好みで)入れ混ぜる。(ジュワッと大きな音、はねることがあるので注意)
  6. プリンカップに、カラメルソースを入れる。

次に、プリン液。

  1. ボールに卵を割り入れ、泡立てないようによく混ぜる。
  2. 鍋に牛乳と砂糖を入れ火にかける。
  3. 混ぜながら温め、砂糖が溶けたと思ったら火を止める。
  4. 1の卵に、3の牛乳を少しずつ入れ、優しく混ぜる。
  5. 家にある、いちばん目めの細かい器具でこす。(こしながらカップに入れてもいいし、ボールからボールにどばーっとこしてもOK)
  6. カラメルが入ったカップに入れて蒸して完成。

蒸し時間や蒸し方は色々あるみたいですが、基本は少しゆすってみて、表面が固まっていたら完成みたいです。

我が家はヘルシオの自動コース・ソフト蒸しにお任せしました。楽ちん。

※蒸し方の参考に:簡単!鍋で作る蒸しプリンのレシピ/作り方フライパンで蒸すよ☆なめらかプリンじつは家庭で超簡単にできちゃう手作りなめらかプリンの作り方

私の失敗(?)ポイント

  • カラメルをお湯でのばす工程で、お湯が少なすぎ。
  • 型に流し込む途中でカラメルが固まった。

よし出来た〜と思って型に流していたら、どんどん固まって、型も鍋もべっこう飴状態に…。

解決策・救済法

とりあえず、鍋の中に残った、固まってしまったカラメルに再度お湯を注ぎ、よく伸ばしたものを、型に入ったべっこう飴状態のカラメルに加えました

あいかわらず、固まったカラメルはそのままでしたが、気にせずプリン作製続行。

プリンが完成。固まったカラメルは、後から加えた、よく伸ばしたカラメルと一体化していました。失敗の跡形はありませんでした♪家族にも好評、めでたし。

後から調べてわかったこと。

失敗しないプリン作り カラメルの焦がし加減の見極めとレシピ

上記のサイトを読むと、固いカラメルも、そのまま作ればプリンの水分をすって液状になる、とのこと。

焦って対策しましたが、そのままで良かったみたい(^_^;)

お手伝いポイント

【カラメル作り】

  • 鍋に砂糖、水を入れてもらう。砂糖は量らなくても、大さじ2〜3杯すくって入れてもらってもOK。
  • 数字を覚えているこなら秤の数字の変化を見ながら入れるのも楽しい。
  • ゆるめのカラメルなら、カラメルを型に注いでもらう。

【プリン液作り】

  • 卵をわって、混ぜてもらう。
  • 大人が牛乳を少しずつ注ぎ、その間、混ぜてもらう。
  • 一緒にこす
  • 型にプリン液を入れてもらう。(深めのスプーンなどで)

こう見るとほとんど一緒に出来ますね♪あえて書くほどでもなかったかも(^_^;)

まとめ

作ってみたら本当に簡単。他人に食べさせる訳でもないので、とりあえず、固まりさえすればおいしいプリンの完成です。

こどものおやつに何度でも作ってあげたくなりました。次は砂糖をもう少し控えめにしようと思います。

 

スポンサーリンク