セキスイハイムと言えば、快適エアリーが目玉商品だと思うのですが、我が家は悩んだ末に設置を辞めました。

快適エアリー自体は正直魅力的でした。実邸見学でも悪い印象はほとんどありませんでした。

では、なぜ設置を辞めたのか?快適エアリーの魅力、特徴などとあわせて辞めた理由を書いてみたいと思います。

その前に家の換気についてちょっと説明。

現代の家は気密性が高く、建築基準法では24間換気をするように定められています。私みたいに、「虫が入るから窓は開けたくないのよ〜」という方も多いと思います。でも、気密性の高い家で換気が十分に行われなず空気が滞った屋内は、屋外よりも空気が汚れる可能性があり体に良くないらしいです。そこで必要とされるようになったのが24時間換気です。

24時間換気には三種類あります。

  • 第一種換気:給気・排気をともに機械で強制的に行う。
  • 第二種換気:給気を機械で強制的に行い、排気は排気口から自然に行う。
  • 第三種換気:給気は吸気口から自然に行い、排気を機械で強制的に行う。

各ハウスメーカーは様々な第一種換気換気システムを開発・導入しています。セキスイハイムでその第一種換気システムに当てはまるのが「快適エアリー」です。

※セキスイハイムでは、快適エアリー(第一種換気)を採用しない場合、第三種換気が施工されます。我が家はこれです。

快適エアリーとは?

快適エアリーは「1.熱交換型第一種換気システム」と「2.ヒートポンプ式冷暖房・除湿ユニット」を組み合わせたものです。

  1. 熱交換型第一種換気システム:こちらは換気を行うのための設備。24時間365日稼働させる必要があります。
  2. ヒートポンプ式冷暖房除湿ユニット:こちらは必要に応じて冷暖房と除湿を行うための設備。

では、詳しく見てみましょう。

1.熱交換型第一種換気システムについて

これが建築基準法で定められている24時間換気を行うための設備ですね。換気を行うのための設備なので、24時間365日稼働させる必要があります。

また、こちらは熱交換型を採用されているので、屋外の空気を室内の空気の温度に近づけて取り込む事ができます。

冷暖房時に室内の温度を変化させるような換気をわざわざする人はいませんよね?でも、熱交換できる換気システムなら、屋外の空気を室内の空気の温度に近づけてから給気するので、冷暖房時でも換気による室内の温度が変化しにくいのです。

つまり、冷暖房効果が損なわれにくいと言う事。エアコンに余計な負荷がかからないので省エネに繋がります。

さらにセキスイハイムでは給気時に高性能フィルターを通過するようになっています。このフィルターがホコリや花粉、PM2.5などを除去し室内に入り込む空気を清浄します。

簡単にまとめると、セキスイハイムの熱交換型第一種換気システムは、「高性能な空気清浄機能を備え、部屋の温度変化を起こしにくい換気システム」という感じですね。

ちなみに、この換気システムの給気口と排気口は家中に1ヵ所しかないらしく、家に無駄な穴が無いので家に入り込む騒音も最低限に抑えられるそうですよ。

高性能フィルターの性能メモ
  1. プレフィルター0.5mm以上のごみを除去(2,3ヶ月に1度掃除機メンテ)
  2. 除塵フィルター花粉や0.5μm以上の微粒子を99.9%捕集(性能保持のため5年に1度程度の有償交換必要)
  3. NO2フィルター排気ガス等のNO2を80%以上除去(性能保持のため5年に1度程度の有償交換必要)

詳細は、公式HPをご覧ください

2.ヒートポンプ式冷暖房・除湿ユニットについて

ヒートポンプは省エネ技術の事で、エコキュートや冷蔵庫など様々なものに使用されています。ハイムオリジナルの技術ではありません。ハイムがあえて「ヒートポンプ式」と付けているのは、「セキスイハイムの冷暖房・除湿ユニットは省エネだよ〜」という事を主張したいからです。

ヒートポンプ・蓄熱センターHPによると、最新のエアコンでは、1の電力と6の大気熱を使用して、7のエネルギーを得ることができるらしいですよ。7のエネルギーを得るのに電力はたったの1でいいと言うことです。仕組みは難しいですが、とっても省エネな感じがしますね(笑)。

ヒートポンプの仕組みについて興味があり詳しく知りたい方はコチラがとっても分かりやすいので参考にしてください。

こちらの冷暖房・除湿ユニットを各階に設置すると全館空調のようになりますが、ユニットは高額なので1階だけにユニットを設置して、2階は各部屋エアコン設置という方が多いみたいです。

え?冷暖房・除湿ユニットは各階に必要なの?

そうなんです。ユニットのエアコン一台で家中空調というわけではないんです。快適エアリー自体は24時間換気システムなので、空気は各階を循環し外に排気されるようになっていますが、冷暖房・除湿の吹き出し口は、ユニットを設置した階にしかないのです。

快適エアリー設置、冷暖房・除湿ユニット1階のみ設置の実邸見学に真夏に行ってみた。

快適エアリーどうなの〜?ということで実邸見学に行きました。専業主婦のご家庭で日中は家にいることが多く、快適エアリーの冷房はほぼ一日中稼働しているとの事でした。

見学させてい頂いた、快適エアリー採用夫婦のお話。

  • 電気代は一日中稼働させている割にそれほどかかっていない。(電気代の明細もみせてもらいました)
  • 太陽光発電設置で、夏はプラス収支、冬は少しマイナスかトントンぐらい。
  • 花粉症だけど家の中は快適、これはホントに嬉しい。(先に述べた高性能フィルターのおかげ)
  • 冬は部屋の中がかなり乾燥する
  • 空気が回っているからか、ホコリが溜まりにくい気がする(奥様の主張)
  • 2階はやはり暑くなるのでエアコンを設置したい、特に遊び回る子供部屋。
  • 2階寝室にはエアコンを設置しているが、ここは不要だったかも。(下記で説明します)
2階寝室にエアコンは不要だったとはどういうことか?

快適エアリーの24時間換気システムが作動していれば、窓を閉め切っていても綺麗な空気が各室内に行き渡るようになっています。

通気口の設置場所は家によって違うと思いますが、見学したお宅では寝室にもこの換気のための通気口(空気の吹き出し口)が床に設置されていました。そして、そこからやんわりと冷気が吹き出していました。おそらく、1階で冷やされた空気が2階に回って来ているとのことでした。よって、昼間に冷房の様に部屋を冷やす効果はないけれど、気温の下がった夜にしか利用しない寝室(寝る際)はその通気口からの冷気で十分なんだそうです。

見学してみての感想。

  • 1階部分は、風呂場やトイレなどの個室も含めどこも確かに快適だった。
  • リビング階段で、1階から2階への仕切りは無かったが(吹き抜け状態)、それでも1階部分の冷房は効いていた。
  • 冷暖房・除湿ユニットを設置していない2階は確かにモワッとしていた。
  • セキスイハイムが謳っている「日本アルプス級の空気」かは、やはり感覚ではわかりませんでした(笑)

特に、こりゃないわ〜と思う気になることはありませんでした。この時点では採用方向でしたね。ただし、空調で採用というよりも、夫の花粉症が家で軽減されることに期待をしての採用方向でした。

採用?不採用?情報を集め、メリット・デメリットを考えてみた。

メリット

  • 窓を開けたくない人にとっては最高。締め切った状態でも空気は滞らず快適に生活できる。
  • 車通りが多い道路沿いでも、空気が綺麗。
  • 花粉症の人は家の中が天国になるかも。
  • 一日中付けていても電気代は高くはない
  • 室内にエアコンがないので部屋がスッキリ。
  • 通気口フィルターの掃除も簡単、すべて床にあるので脚立なども必要なし。お年寄りでも掃除ができる。
  • 冬場は床下も温められるので足下が冷えにくい。

デメリット

  • 設置費用が高額。一階部分のみ設置でも80万前後。
  • 当然ではあるが、各部屋のフィルター、装置のフィルターの掃除が必要。
  • 綺麗な空気を確保するには、装置(給気口)の除塵フィルター、NO2フィルターを5年に1度(目安)程度交換が必要。もちろん有料(両者とも1万円超えで高額)。
  • 床に通気口があるので乳幼児のイタズラが心配。なにかこぼしたらダクトはどうなる?
  • 冷暖房が必要ない際に窓を開けて生活したい場合、空気清浄機能の意味はなし…。換気は常時onが鉄則だが、冷暖房の季節以外稼働を停止させるとすれば、設置費用は割高に感じる。
  • 将来への不安色々:快適エアリーも電化製品。いつか寿命が来るハズ。修理費は?修理が出来なかったら?新商品になっていたら?家内のダクトはホントにずっと大丈夫?
  • 冷暖房・除湿を行わず、換気のみ稼働の場合でも、簡易な第三種換気に比べるとやはり電気代は高くつく。(下で詳しく)つまり、換気のランニングコストが高い。

換気のランニングコストが高いについて

セキスイハイムが公式に出している快適エアリーのホームページには、冷暖房・除湿を除いた換気システムの消費電力は常時100〜140wと記載されています。これをランニングコストの計算式「換気システムの消費電力(W)÷1000x24時間x30日x24円(1kwあたりの電気代)=毎月の電気代」に、換気システムの消費電力を常時100wとして当てはめてみます。

  • 100(w)÷1000×24時間×30日×24円=1,728円
  • 24円の部分は、電力会社との契約によって様々ですが、大体中間の価格です。

どうでしょう?ただただ、換気をするだけで2000円近くのランニングコストがかかります。ただし、2000円でクリーンな部屋の空気が手に入ります。これを安いと感じるか、高いと感じるか。我が家は夫が花粉症という以外は、アレルギー持ちだとかいう人はいないので割高に感じました。

※電気料金のプランによってはもっと安くなるかもしれません。気になる方は実際の料金プランで計算してみてください(^_^;)

我が家の第三種換気システムの実際の消費電力は?

こちらの画像をご覧ください。日中部屋中の電気をOFFにし、換気扇4カ所すべて稼働させ、深夜の電力使用に近い状態を作ったときの消費電力の瞬間値です。左下のその他の部分に注目してください。その他に換気扇の消費電力が含まれます。(LDと書いてある部分がすべて電力を消費していますが、私が使用しているエアコンやらパソコン、除湿器の電力なので気にしないで下さい。)

換気扇のみの設定はしていないので、その他には個別に設定されていないすべての消費電力(温水便座やエコキュートの消費電力等)が含まれますがそれでも、快適エアリーの100wには届いていません。

最終的に我が家は快適エアリー不採用

  • 家の中にダクトがあることの不安
  • 将来のメンテナンス費用・故障への不安が拭えないこと
  • 設置費用が高額
  • 換気のランニングコストが第三種に比べると高い。
  • 無くても生活に支障はない(実際何も不便はない)
  • 我が家には贅沢品(不採用の一番の理由)

ということで採用を取りやめました。特に、将来のメンテ費用や故障に関しては、子供が大きくなり出費が増える時期に、余裕を持って支払いができるのかということに不安がありました。故障はないかもしれませんが、やはり電化製品なので永久では無いでしょう。修理やメンテをせず稼働させない設備が家の中にただあるのも無駄な気がしますし。

快適エアリーを設置した階はヒートショック対策にもなります。ヒートショックに関しては、やはり第三種換気の我が家は風呂場やトイレは空調が効かないので温度差があります。夏場の暑いのはあまり気になりませんが、冬の風呂場の冷やっとはやっぱり嫌です。子供が巣立ったあとの立て直しや、老後の新築だったら、死ぬまで設備が持てばいいという考えで快適エアリーを設置すると思いますね(笑)

第三種換気の我が家の生活

特に不便はありません、本当に。冷暖房もしっかり効きますし。

ただ、夫の花粉症の時期には快適エアリーを不採用に推し進めた当時を思い出し「ごめんね」と密かに思ってしまいます(笑)

「換気」という観点だけで言えば、第三種でも問題ありません。私が窓を開けるのが嫌いなので窓はほぼ閉め切って生活していますし。

最後に

空気が綺麗とか、どの部屋も居心地いいとか、そういう快適エアリーのオプション的な機能にどれだけ魅力を感じられるかではないでしょうか。

道路沿いの家で排ガスが気になる場合や、畑の近くで砂埃の多い家なんかは窓を閉め切って生活できるのは理想的だと思います。

スポンサーリンク