初めての沐浴。赤ちゃんをお湯や床に滑らせたらどうしようかと、暫くはヒヤヒヤしながら行っていたことを思い出します。あ〜懐かしい。

何が必要?シャンプーは?よその家はどうしてるの?気になることも多いと思うので、「我が家の場合」ですが書いてみます。

あかちゃん、0歳〜の頃。

揃えたグッズ

  • キッチンのシンクに置けるベビーバス
  • 沐浴剤
  • 沐浴布、ガーゼ
  • 四角形のバスタオル

沐浴剤について

0歳の頃は、婦人科で沐浴指導を受けたことや育児情報誌「たまひよ」を読んでいたこともあって、お湯だけではなく沐浴剤を使用していました。沐浴剤は洗い流す必要がないので、洗い終わったらすぐにタオルで拭くことが出来ます。泡タイプとも悩んだのですが、慣れないと時間がかかりそうだし、すすぎ不足がないか気になるので辞めました

沐浴中の使用感は、スキナベーブの方はサラッと、ピジョンの方はキュルッとって感じです。どちらが良い・悪いという訳ではありませんでしたが、我が家ではスキナベーブの方をリピートしました。香りはピジョンの方がオレンジのいい香りでサッパリ感があって好きでしたけど。

沐浴はどこで?

キッチンのシンクにベビーバスを置いて行っていました。お風呂場や床で行うより、腰に負担がかからず断然楽でした。

沐浴剤を投入後、頭〜足先までベビーバスのお湯にガーゼを浸し洗っていました。頭もゴシゴシせず、ガーゼで撫でるように。

一ヶ月もすれば大人と同じ湯船に使ってよいと言われていますが、首・腰がすわるまでの長い間ベビーバスで入れていました。

​全く可愛げのないやつですが、何年も使う訳ではないので、安くてシンプルなものに決めました(笑)問題なく使用できました。ベビーバスを購入するときは、底に排水口があるかだけは要チェックです。ひっくり返さなくても水が流せるのは、シンクなどで使用するときには助かります。それに、赤ちゃんを入れた後に「お湯入れすぎた〜」となっても片手で排水口の蓋を取って調節もできます(笑)

顔は?

顔は一番最初に洗っていました。

別の容器に綺麗なお湯を溜めておき、まだどこも洗っていない綺麗なガーゼにそのお湯を含ませ顔をぬぐうようにしていました。婦人科で指導を受けたとおりの方法です。

体は?

裸だと赤ちゃんが怖がるということで、沐浴布をお腹においていましたが、すぐに使わなくなりました。下手だったのか、すぐにお腹から外れ少々邪魔だったのと、暫くして娘が沐浴に慣れたのか、沐浴布が無くても泣かなくなったので…。

沐浴布は薄手で軽く、肌にも優しそうなのであると赤ちゃんには良さそうですが、あえて購入しなくても代用できそうなものがあればいいと思います。

体を洗う時は、沐浴材の入ったお湯にプカプカと浮かせながら手で撫で回して洗っていました。お尻と股は一番最後、あとは適当でした。

髪は?

髪(頭)は、最初に洗うとそこから体温が奪われると言うことだったので、顔→体→髪の順で一番最後に洗っていました。

髪の多い娘はシャンプーの方が良かったかも。

本当は髪が多かったので指先で頭皮も洗ってあげたかったのですが、沐浴のお湯だけだと指通りが悪く、頭頂部の頭皮を洗うのは難しかったです。お湯を含んだガーゼで頭部(髪)を撫でていただけになっていました。

そのせいなのか、娘の皮脂分泌が多かったのかわかりませんが、頭頂部にはフケの塊のような黄色いものがついていました。頭皮を洗ってあげたい場合は頭だけでもシャンプー全身洗える石けんを使った方が洗いやすいと思います。このフケのようなものは夏場に多くできていた気がします。

黄色いフケの塊のようなものは自然に取れていった

ネット上でこのフケの塊(かさぶたの様なもの)について調べると色んな事が書かれています。

見ていると取ってあげたくて仕方なかったのですが、ひどくなる様子もないし、掻きむしって血が出るような事もなかったので、できる限り丁寧に洗うことを心がけて様子を見ていました。

沐浴を卒業し、大人と一緒にシャワーを頭から浴びれるようになった頃から(1歳〜1歳半ぐらい?)徐々にフケの塊の様なものは取れていきました。娘が頭皮をしっかり洗わせてくれるようになったからかしら〜と思っています。

バスタオルは?

バスタオルは、出産準備の時に義父母が用意してくれてた四角い(正方形に近い)バスタオルを使用していました。2枚の用意だったので、洗濯が間に合わないときは普通のバスタオルも使用していましたが、やはり四角い方が便利でした。無くても困らないけど、あると便利という感じです。同じ商品が見つからなかったので、赤ちゃんの写真が載っていて使用時のイメージがしすい商品ページのリンクを貼っておきます。

四角いバスタオルのメリット
  • 普通のバスタオルに比べ、赤ちゃんを包みやすい
  • 幅が広く包みやすいので、赤ちゃんを包んでいる同じタオルでササッとふける。
四角いバスタオルのデメリット
  • 洗濯物がかさばる、干しにくい。

沐浴まとめ

  • 腰が楽なのはベビーバスを高い位置(シンク)などで使用する。
  • 順番は顔→体→頭
  • 沐浴剤の方が手早く出来て楽。「洗う」を優先するならベビーせっけん/シャンプータイプ。
  • ベビー用の沐浴布、バスタオルなどは、興味があれば一枚購入しておいて便利なら買い足す方が無駄がない。
スポンサーリンク