近藤麻理恵(こんまり)さんの本「人生がときめく片付けの魔法」を読んで片付けを学んだ後、ふとこう思った。「片付けと掃除は別だよね?」。例えば、きれいに片付けられている浴室がカビだらけとか…。ということで、今度は掃除の本を読んでみた。

掃除は嫌い、でも綺麗な部屋に住んでいたい。

本当に、我が儘な願望ですね。もうホントに掃除が嫌い、苦手で、汚れているのが分かっていても、知らんふりをしてしまうんですよね。最近は、片付けの本をいくつか読んで部屋の様子少しずつですが落ち着いてきたこともあって「ちょっとここ掃除しようかしら」なんていう心の余裕みたいなものが出てきました。

モデルルームの様に綺麗な部屋なんて到底維持できない。

片付いていて綺麗な部屋といえば「モデルルーム」。まさに憧れの住まい。でもこれは自分の性格上、目指したところで絶対に続かない。精々維持できるのは磨き上げたその日ぐらい。

ということで、初めから維持できないと分かっている、モチベーションを保てない様な事を実践してもきっと無駄。CM中にちょこっと掃除とか、気付いた時にちょこっと掃除とか、そんな程度が面倒くさがりな私にはきっと向いている。そんなことを考えている時に見つけた本が「ほどほど掃除のしかた(辰巳 渚)。書名からして私の思考にドンピシャな本でした。

「ほどほど掃除のしかた」を読んだ感想。

簡潔にまとめると「あっ…と思ったその時に掃除をしなさい」ということ。それが出来ないから綺麗が続かないんですけどね。分かっていることを再確認したという感じでした。でも「気づいた所を気付いた時に」、その程度でホントに綺麗を維持できるんだなと確認できたのは良かったです。

考えてみると、我が家で割と綺麗を保てている場所がキッチンの調理台。ここは夕食後に、嫌々ながらも台布巾で拭き上げる習慣がついているせか、そこそこ奇麗です。小さな習慣ですが、これがほどほど掃除で綺麗を保つ事に近いのかも。

ちなみに著書の辰巳さん家は、ほどほど掃除だけど「いつ来ても綺麗な家ねぇ」的な事をお客さんに言われるみたいです。あぁ、羨ましい。

ほどほど掃除って?

「掃除しなきゃ」と思ったきっかけを上手く活用し、「住んでいる自分たちが居心地よければそれでいい」という程度に掃除をするのが「ほどほど掃除」ということみたいです。今日はココ、明日はココ、とかじゃなくて。生活しているとありますよね「あっここ水垢ついてる…」とか「ホコリ積もってるわ…」とか。

出てきたお掃除アイテム。

色々出てきましたけど、これが一番みたいなのはなくて、自分のお気に入りの道具でしてくださいとのこと。

著者の辰巳渚さんが使っているアイテムの中で一番驚いたのが「はたき」。これを結構頻繁に使うそうです。はたきなんて、ホコリを舞い上がらせるだけで、時間が経てばまたすぐ同じだけ積もる気がしますが、「窓から逃げる」とのこと。

家族が掃除しないことに腹が立つ場合は?

これは、なるほどそうだよねって感じのことが書いてありました。あんまり色々書くと、ビビりな性格上、ネタバレ?著作権?が気になるのでやめておきます。

まとめ

綺麗好きじゃないけど、掃除きらいなんだけど、できることなら綺麗な家に住みたい、という願望のある方にオススメの本です。

それと、ほどほど掃除なので「ザ・お掃除本」ではないです。でもこの力を抜いたほどほど掃除が習慣になれば、年末の大掃除は殆ど必要ないぐらいになるそうです。

自分に合っている本だったのか、内容を結構を覚えているのでこれからボチボチ実践していきたいと思います。

片付けはこんまりさん、掃除は辰巳さん。よし、これで暫くはこの類いの本は読まなくていいかな。

…と、思っていらたらこの辰巳渚さん、こんまりさんの本にも出てきて、かつ、こんまりさんも読んだという『「捨てる!」技術』の著者らしい。この『「捨てる!」技術は』130万部のベストセラーになったみたいです。う〜ん、こっちも読んで見ようかな…。

→ ほどほど掃除のしかた(楽天)

 「捨てる!」技術新装・増補版 (楽天)

スポンサーリンク